時間のない社会人向け【効率的な専門学校の探し方】
ロゴ

社会人のために夜間と昼間の専門学校は何が違うのか徹底比較してみた

夜間の専門学校が増えている

専門学校の数は、増加傾向にありますが、それに伴い夜間の学部も増えてきています。なので、昼間に仕事をしていたり、子育てをしながらでも専門学校で自分の学びたいことを学びやすい環境になってきています。ここからは、昼間と夜間の学部の違いを比較していきたいと思います。

昼間・夜間学部の比較

昼間学部に通う場合

昼間の長い時間を取られるので、卒業するまでの間仕事との兼業は難しくなるでしょう。ですが、一日の当たりの授業数はこっちの方が多いので、卒業までにかかる期間は短いです。9時~17時くらいまで拘束されることになります。

夜間学部に通う場合

夜間の学部は、昼間にまとまった時間を取れない人でも通うことができます。昼間学部に比べると一日の授業数が少ないので、卒業までにかかる期間は長くなります。ですが、学べる内容はほぼ同じになります。学費も夜間の方が四分の一程度安くなります。

時間のない社会人向け【効率的な専門学校の探し方】

勉学

専門学校の探し方

夜間の学部を探している方は、普段仕事などで忙しい生活を送っている方だと思います。なので、学校探しも効率的に行うようにしましょう。専門学校はかなりの数があるので、希望の学校を探すのにはかなりの時間と労力が必要になるでしょう。ここからは、学校探しをスムーズに行うコツを紹介していきます。

自分が専門学校に求めるものを明確にする

専門学校へ通おうとしているということは資格をとったり学びたいという目的があると思います。その目的や求めるものを明確にして優先順位をつけていきます。自分が専門学校に求める譲れないものは必ず優先しましょう。例えば、用意している予算で通える学校であったり、通学しやすい場所にあるなどひとつひとつ挙げていくといいでしょう。複数校で迷った時はこの優先順位と照らし合わせて選ぶこともできます。

気になる専門学校の資料請求する

社会人は基本的に自分ひとりで学校選びをします。なので、多くの学校が登録されているサイトから一斉に資料請求するといいでしょう。そうすることで効率的に資料請求することが可能です。パンフレットなどには、ホームページに載っていないような情報があるので、必ず確認するようにしましょう。

土日や夜間にオープンキャンパスへ行く

オープンキャンパスへ行くのはとても大事です。資料やホームページだけを見て入学してみたらイメージと違った、なんてことが無いようにしなければいけません。また、オープンキャンパスへ行くことで専門学校へ通うことのモチベーションアップにも繋がります。社会人向けに夜間の学校見学や体験会をしているところも増えてきているので利用してみるといいでしょう。

効率的に探そう

専門学校は数が多いので時間の限られている社会人は効率的に探すといいでしょう。専門学校へ行く目的を明確にして資料請求をします。学校について資料で確認した後にオープンキャンパスで実際の学校を見学しましょう。これで専門学校探しがすぐに終わるでしょう。